アフターケアピル口コミと伝聞

避妊に失敗して接待ピルを服用した者のレビューだ。
病棟にお越しし処方してもらい服用されていますが避妊の効果があって良かったとの口頭をご紹介します。

 

 

吐き気と危険との闘いだった接待ピルレビュー 30代女子

 

あたいが最初に接待ピルをもらいに行ったのは、今から11階層ほど前述でした。当時付き合っていた旦那との性行為が終わった後に、コンドームが脱落してしまったのです。本当に膣内に精子が入ってしまったかどうかまでは分かりませんでしたが、でも不安だったので産婦人科を来院しました。

 

午前中に行った病棟では名称は忘れてしまったのですが、「生理テンポを移す薬」として週間ぐらいで呑み締めくくる薬をもらいました。ただし家路で薬が毎日パイ足りないことに気付いたことと、一般的なモーニングアフターピルという呑みほうがことなることから恐れを憶え、昼過ぎには別の病棟を来院しました。

 

その結果、モーニングアフターピルとして2錠入った接待ピルをもらい、その日の昼過ぎ4ステージぐらいに最初の1錠瞳を摂取。呑み終わって1〜2歳月ぐらいも経つと強力吐き気が襲ってきて、ずーっと家で横になっていました。商いはその日、体調不良といった偽って休んでいたので、「体調が悪くても動かなくてはいけない」といった強迫降服にこだわることはありませんでした。

 

その日の夕刻に旦那はお刺身を買ってきてくれましたが、ノンキなものでその夕刻当たり前のような外見を通じて再びボディーを求めてきました。が、きっぱり苦手!一際吐いてしまうこと、そして充分服用しても「完全の避妊にはならない」と聞いていたので、妊娠してしまったらどうしよう?という手強い恐れがありました。

 

最後に接待ピルをもらいに行ったのは、今から4階層ほど前述だ。前回とは別の男という同棲していたのですが、「これから接待ピルをもらいに行けば万全」と、ついつい避妊をしないで振る舞いを許してしまいました。その時には、

 

・1錠を呑むだけで終わり。吐き気も概ね無し
・2回に分けて飲み込む分類。吐き気は大層いる

 

こういう2様々を買えるようになってあり、トレンドを感じました。結果としてはコストの関係で、「2回に分けて飲み込む分類」を選びました。この時も飲んで1〜2歳月ほどでものすごい吐き気が襲ってきて、この日はやはり商いを休めなかったのですが、飲んで3歳月後に絶えきれず吐いてしまいました。

 

不安になったので産婦人科に電話をしたのですが、「生理が終わって週間しか経ってないから、まだまだ排卵していないと想う。危険ならさらに薬を出しますけど?」というのですが、金銭的な一部分というドクターの呼出しの感想が酷くそっけなく聞こえて、突き放されておるような第六感があったので、不安な気持ちはありましたが初々しい薬はもらわず2錠呑みきりました。

 

結果としては妊娠することはなく、服用してから週間引き返しぐらいに出血があり現時点に至ります。

 

避妊失敗し接待ピルを初摂取 30代女子

 

結婚してすぐの事です。
いまだに集積も短く身の回りも安定していなかった結果、ちびっこを育てられる金銭的な剰余も精神的な剰余もありませんでした。
今のうちに稼いで集積を貯めるのとともに、ちびっこを産むという自分の歳月がなくなるので惜しくも遊んでおきたいとして懐妊を望んでいませんでした。

 

そんな時、旦那はコンドームで避妊していたのですが、ある日旦那が「振る舞い後に中にゴムが残って、もしや些か漏れたかも」と言ってきました。
あたいは今妊娠しても育てられないと思った結果、翌日産婦人科へ赴き接待ピルをお願いしました。

 

問診を受け、「日数チックにほぼ懐妊はしないというけど」と言われましたが不安だった結果貰いました。
錠剤は市販のビタミン剤2錠パイ程度のがたいで、あたいは錠剤を飲み込む物事に異議を感じた事がないので万全でしたが、苦手な者は巻き込むのがさっと危険かもしれません。
飲んであっという間に商いに向かいました。

 

飲んでから2歳月ぐらい経過した時分から段々と反応で吐き気を感じてきました。
けれども反応に怖がってひどくセンシチブになっていたので、疾患は意思からじゃないですが精神的な方法かも?というレベルの吐き気。
「気のせいかな?意思にし過ぎてるからそんなふうにおもうだけかな?」という雰囲気でした。
内勤でしたが商いにも支障が出るような階級でもなく、普通に暮らせました。

 

商いに集中していたからか吐き気も20パイとめるうちに消え去り、接待ピルを飲んだのが9ステージ辺りですが真昼めしも通常通り食べました。
その後は何事もなく通常通り生活して、接待ピルを飲んだ物事なんて置き忘れるほど反応などもありませんでした。

 

接待ピルを飲んだ引き返し、避妊発展なら数日後に出血があります。
あたいは最期生理が終わって3太陽後の摂取で子宮の中に何もなかった結果、2太陽後に少量の出血がありましたがすぐに終わりました。
腹痛やその他の反応も出る事はありませんでした。

 

その後はまた同じようになるのが怖かったので、低用量ピルを服用するようにしました。

 

何より事前に反応について調べていたので、服用した後は反応に過敏になり過ぎていたと思います。
吐き気は正に「ぼんやりダサイ」という並みだったので、全然問題ありませんでした。
ただ、断然一度子宮を強制的にリセットするのでボディーに良くない見方が強かっただ。
もう今後は服用しなくていい様に無難のタイミングを整えたいと思いました。

 

どんなに懸念が低かったとしても「もしや妊娠していらっしゃるかも」という不安を抱えて生理を待つ女子の心構えって、男性にはわからない辛さがありますよね。
それでも接待ピルを服用する事で、「これで万全」という精神的にひどく確実できたのを覚えています。